格安SIMカード比較!お得なMVNO業者で契約して携帯代を節約する方法!

スマホ・携帯代を安く抑えるための格安SIMカードはココ!

DMM mobile

 

スマホのデータ通信料を極限まで安く抑えられる格安SIMカードは「DMM mobile」です。毎月のデータ通信料によって値段は違いますが、1GBなら月々たったの660円から利用することができます

 

リンク

格安SIMを選ぶときの基準

格安SIMカードは、たくさんのMVNO業者で提供されています。どこのMVNOを選べばいいかわかないときは下記の項目を確認してみてください。

 

  • 初期費用
  • 月額費用
  • 最低利用月
  • 解約違約金
  • お得な特典

 

格安SIMカードを契約する時、上記の項目を確認してからMVNO業者を選べば間違いありません。業者によっては月額費用や最低利用月、解約違約金などが違ってくるので、あなたのスタイルに合ったMVNO業者で申し込みをするようにしましょう

 

また、当サイトでは各MVNO業者を比較して、管理人の基準でランキング付けをして紹介しています。全ての業者を調べるのがめんどくさい場合は参考にしてください。

管理人お勧めの格安SIMカードはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯代をもっとも安くするなら通話付きの格安SIMがオススメ!

携帯代を安くする方法でスマホとガラケーの二台持ちをしてる人が多いですが、携帯代をもっとも安くするには通話もできる格安SIMカードがお勧めです。

 

「DMM mobile」だと通話対応の格安SIMカードが1GB1,460円で利用することができます。つまり、スマホのSIMフリー端末をすでに持っている場合は、一ヶ月の携帯代がたったの1,460円で済むということになります。

 

まだSIMフリー端末を持っていない場合でも、DMM mobileならスペックが良くて人気の高い「ASUS Zenfone5」や、最新で人気急上昇中の「HUAWEI Ascend Mate7」など、様々な種類の端末を購入することができます。

 

データ通信料と合わせても「ASUS Zenfone5」なら月々2,855円、「HUAWEI Ascend Mate7」なら月々3,701円です。au・ドコモ・ソフトバンクなどの大手キャリアで契約すれば毎月1万円近く携帯代がかかるので、かなりお得になりますね。

迷っているならDMM mobileで間違いありません!

DMM mobile

 

迷っているならデータ通信料のプランもたくさんあって、SIMフリー端末も豊富にある「DMM mobile」がお勧めです。データ通信料は1GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GBから選べて、通話もできるSIMカードも提供されています。

 

au・ドコモ・ソフトバンクからMNP転出も3,000円でしてくれるので大変お得です。「とにかく携帯代を安くしたい!」そんな場合はDMM mobileを是非ともお使いください。

 

リンク

格安SIMにすることでのデメリット

格安SIMにすることでデメリットも出てきます。ですので、まずは格安SIMにすることでのデメリットを把握してください。何も知らないで「ただ安くしたい」という理由だけで格安SIMにするのはやめておきましょう。

 

  • Eメールアドレスが使えない
  • 音声対応SIMだと通話料金が高い

 

Eメールアドレスが使えない

スマホを格安SIMにしてしまうと、au・docomo・SoftBankなどが提供しているEメールアドレスが使えません。格安SIMカードだとGmailなどの無料で作れるメアドを使う必要があります。

 

最近はLINEで連絡のやり取りをする人がほとんどなので、Eメールを使ってる人はほとんどいないと思います。ですので、そこまでEメールは必要ではないと思いますが、今までEメールアドレス等で申し込みをしていた場合は、全てGmaiなどに登録しなおす必要が出てきます。

 

音声対応SIMだと通話料金が高い

最近、音声対応のSIMカードを提供しているMVNO業者が増えてきましたが、実際に通話をよく使う人は通話料金が高く付くので注意が必要です。管理人はほとんど通話をすることがないですし、通話をするときもラインの無料通話を使うので、通話対応の格安SIMで問題ありませんでした。

 

携帯を二台持ちにすればデメリットは解消♪

Eメールアドレスも通話料金も携帯を2台持ちにすれば問題は解消できます。1台目はau・ドコモ・ソフトバンクなどの大手キャリアでEメールアドレスと通話料金のみのプランにして、2台目を格安SIMでデータ通信プランで契約

 

こうすればEメールアドレスは使えたままですし、通話もかけ放題プランなどにすれば通話料金は安くなります。1台の方がいいのか?2台持ちしたほうがいいのか?は、あなたの生活スタイルによっては変わってきます。