パケット代の節約には格安SIMカードで助かっている【20代女性】

パケット代の節約には格安SIMカードで助かっている【20代女性】

スマホに機種交換してから、アプリのアップデートなどもありよくパケットを使うようになりました。それにスマホならではのパソコン並の調べ物のしやすさで、どんどんデータ通信が増えていき、よくパケットのスピード制限を受けることがありました。なのでこれでは通信制限解除に追加でお金を支払い家計にもよくないので、思い切って格安SIMカードを利用することになりました。

 

格安SIMを利用してからは、月々の携帯代が月にもよりますが1000円から2000円安くなりました。例えデータ通信のスピード制限を受けて追加容量を購入しても、これまでより安くなるようになっていて嬉しく思っています。格安SIMカードにして良かったことは、やはり月々の携帯代が安くなるということにつきます。

 

携帯代は家族の分も合わせるとかなりの出費となるので、やはり少しでも安ければそれにこしたことはありません。また、気になっていた電波もMVNOなので大手携帯電話会社のエリア内を引き続き利用できているので、問題はないように思います。

 

品質もきちんとしているし、それでいて低額ならばデータ通信を毎月多く使用しているので助かっています。格安SIMカードにして悪かったことはあまりないのですが、強いていえば今まで利用していた携帯電話会社のサービスが受けられなくなったことでしょうか。

 

スマホでデジタルのものをダウンロードするときに、今まではケイタイ払いを利用していましたが、格安SIMカードになると契約会社が異なるので使えないということを知って少し不便しています。そうすると購入にクレジットカードの番号をいちいち入れないといけないので不安もあります。これから格安SIMカードを利用するのなら、家族全員分を変えたいと思っているとしたらまず一台ずつやっていくことをおすすめします。

 

なぜかというと、今まで当たり前のように使用していた携帯電話会社のサービスが利用できないことになって、困ることがあるかもしれません。またメールアドレス番号も携帯電話のものでしたら、まわりへの周知に時間がかかることがあると思います。なので例え格安SIMカードにしても万が一、仕事などに影響しないように準備や情報収集は大事なのではないでしょうか。

 

格安SIMカード比較!お得なMVNO業者で契約して携帯代を節約する方法!

関連ページ

格安スマホが登場して携帯電話料金というジャンルは変わりつつある【30代男性】
近頃は小学生でもスマートフォンを使い夜遅くまでチャットアプリのようなもので遊ぶ傾向があるようで問題視されてるようにどんどんスマートフォンが身近なものになっているようです。しかもそのキャンペーンも熾烈を極めているようです。近くの大型電気店などにいけば毎日のようにバイトのお兄さんに二台目いかがですかと声をかけられる。
格安SIMで家計をスリムにしました。【40代女性】
我が家は5人家族で、そのうち3人がスマホを使っています。月々の携帯代は、3万円ほどかかり、かなり家計を圧迫していました。日頃より、携帯代にそこまでお金を出すことに疑問を持っていたのですが、ずっと利用していたキャリア会社を変えるのがとても面倒臭く感じて、なんとなく惰性で利用し続けていました。
キャリアスマホではなく格安スマホを試してみました【40代男性】
格安SIMを試してみました。個人で事業をしているので、試験的な導入ということで日本通信社のSIMを買ってみました。結果から言うと、問題はないと思います。僕の住んでいる町は北国の田舎町。青森ですが、通話、通信には問題はありませんでした。
格安SIMを使ってガラケーとタブレットの二台持ちで、パケット代を節約【40代男性】
私はスマートフォンは使っていません。フィーチャーフォン、いわゆるガラケーを使っています。ガラケーでもiモードなどでインターネットのサービスを使えますから外出先ではこれを使っていましたが、パケット代はいつも上限の毎月4400円余りに達していたのです。格安SIMカードを使おうと思ったのは、うまくやればこの費用を節約できると思ったからです。