格安SIMで家計をスリムにしました。【40代女性】

格安SIMで家計をスリムにしました。【40代女性】

我が家は5人家族で、そのうち3人がスマホを使っています。月々の携帯代は、3万円ほどかかり、かなり家計を圧迫していました。日頃より、携帯代にそこまでお金を出すことに疑問を持っていたのですが、ずっと利用していたキャリア会社を変えるのがとても面倒臭く感じて、なんとなく惰性で利用し続けていました。

 

でも最近CMなどで格安SIMカードのことを目にする機会が増え、ついに決心。携帯代の見直しをするべく、今話題の格安SIMカードを検討することになりました。まずは、ネットなどでいろいろ調べました。格安SIMカードを提供している会社は本当にたくさんあってあれこれ迷います。

 

でも、現在のスマホとの相性もありますから、各サイトのレビューや口コミをみて、慎重に選びました。もちろん、コストがかからないのも大事です。いろんな料金プランがあるので、自分の日ごろの携帯使用量と相談して選びます。各サイトにパケットの目安が表示されているので、それを参考に月2GBとか7GBとか決めることができます。

 

私は、家ではWiFiで、外でもあまり使わないので、月2GBにしました。月1200円ほどです。娘は外出先でもたくさん使うようなので、月7GBで月2500円ほどです。使いきれなかった分は翌月に繰り越しできるものもあり、とても使い勝手がいいです。

 

キャリア携帯会社の解約やMNP転出などの初期費用は掛かりますが、通話料を入れても、月々の費用3分の1以下に抑えることができました。つながり具合も何の問題もなく、とても快適です。何よりキャリア会社のしばりがなく、何かあればいつでも他のMVNOに変えれるので、気持ちも楽になりました。

 

これからもますますサービスが充実していくはずですから、気軽に変更できるのはうれしいことです。MVNOの利用を検討される方は、まずいろいろ調べてみてください。お店で聞くのもいいですし、ネットにはMVNOの比較サイトなどもあります。アマゾンや楽天などでも実際のレビューもチェックして見てください。結構参考になります。

 

格安SIMカード比較!お得なMVNO業者で契約して携帯代を節約する方法!

関連ページ

格安スマホが登場して携帯電話料金というジャンルは変わりつつある【30代男性】
近頃は小学生でもスマートフォンを使い夜遅くまでチャットアプリのようなもので遊ぶ傾向があるようで問題視されてるようにどんどんスマートフォンが身近なものになっているようです。しかもそのキャンペーンも熾烈を極めているようです。近くの大型電気店などにいけば毎日のようにバイトのお兄さんに二台目いかがですかと声をかけられる。
パケット代の節約には格安SIMカードで助かっている【20代女性】
スマホに機種交換してから、アプリのアップデートなどもありよくパケットを使うようになりました。それにスマホならではのパソコン並の調べ物のしやすさで、どんどんデータ通信が増えていき、よくパケットのスピード制限を受けることがありました。なのでこれでは通信制限解除に追加でお金を支払い家計にもよくないので、思い切って格安SIMカードを利用することになりました。
キャリアスマホではなく格安スマホを試してみました【40代男性】
格安SIMを試してみました。個人で事業をしているので、試験的な導入ということで日本通信社のSIMを買ってみました。結果から言うと、問題はないと思います。僕の住んでいる町は北国の田舎町。青森ですが、通話、通信には問題はありませんでした。
格安SIMを使ってガラケーとタブレットの二台持ちで、パケット代を節約【40代男性】
私はスマートフォンは使っていません。フィーチャーフォン、いわゆるガラケーを使っています。ガラケーでもiモードなどでインターネットのサービスを使えますから外出先ではこれを使っていましたが、パケット代はいつも上限の毎月4400円余りに達していたのです。格安SIMカードを使おうと思ったのは、うまくやればこの費用を節約できると思ったからです。