格安SIMを使ってガラケーとタブレットの二台持ちで、パケット代を節約【40代男性】

格安SIMを使ってガラケーとタブレットの二台持ちで、パケット代を節約【40代男性】

私はスマートフォンは使っていません。フィーチャーフォン、いわゆるガラケーを使っています。ガラケーでもiモードなどでインターネットのサービスを使えますから外出先ではこれを使っていましたが、パケット代はいつも上限の毎月4400円余りに達していたのです。格安SIMカードを使おうと思ったのは、うまくやればこの費用を節約できると思ったからです。

 

格安SIMカードには毎月の通信料金が月額1000円を下回るサービスがいくつもありますから、タブレットの安いものを買ってもガラケーのパケット代を払うより毎月の負担が減るのではないかと考えました。サービスを提供する会社を調べた結果、自分にはBiglobeのライトSプランが向いていそうです。これは毎月2GBだけLTEで高速に通信でき、2GBを超えるても低速な通信ができる制度になっています。

 

私の場合、出張などで出先で利用する日もあれば、全然使わない日もあり一日のデータの利用量の差が激しいのです。このため、OCNモバイルONEのように、一日で高速通信できるデータ量の上限を決めているサービスは使いにくいだろうと考えました。利用しはじめてから半年ほど経ちましたが、多い日には一日200MB程度使うことがありますので、やはり一日でデータ量を制限するサービスは使わなくてよかったです。「DMM mobile」なんかがお勧めです。

 

ガラケーのパケット通信はしない、と決めたので、毎月4400円以上かかっていたパケット代がほとんどゼロになりました。今ではガラケーの電話代が、毎月2000円以下になっています。このほかにかかっている費用は格安SIMカードの料金として月に税込み1000円程度と、ヤフオクで安く買ったAndroidタブレットが2万円ほどしただけですので、一年使えば元がとれる計算になります。

 

私の場合、ガラケーのパケット通信も使おうと思えばいつでも使えるため、実際のところ格安SIMカードを使い始めて悪かったことが一つもありません。気をつける点があるとすれば、自宅で使っているプロバイダが提供するサービス以外の会社が提供するサービスを使うと少し料金が余計にかかったり、同じ会社のサービスを使えば割引があるのでそれを利用するか検討したほうがいいということくらいです。

 

格安SIMカード比較!お得なMVNO業者で契約して携帯代を節約する方法!

関連ページ

格安スマホが登場して携帯電話料金というジャンルは変わりつつある【30代男性】
近頃は小学生でもスマートフォンを使い夜遅くまでチャットアプリのようなもので遊ぶ傾向があるようで問題視されてるようにどんどんスマートフォンが身近なものになっているようです。しかもそのキャンペーンも熾烈を極めているようです。近くの大型電気店などにいけば毎日のようにバイトのお兄さんに二台目いかがですかと声をかけられる。
パケット代の節約には格安SIMカードで助かっている【20代女性】
スマホに機種交換してから、アプリのアップデートなどもありよくパケットを使うようになりました。それにスマホならではのパソコン並の調べ物のしやすさで、どんどんデータ通信が増えていき、よくパケットのスピード制限を受けることがありました。なのでこれでは通信制限解除に追加でお金を支払い家計にもよくないので、思い切って格安SIMカードを利用することになりました。
格安SIMで家計をスリムにしました。【40代女性】
我が家は5人家族で、そのうち3人がスマホを使っています。月々の携帯代は、3万円ほどかかり、かなり家計を圧迫していました。日頃より、携帯代にそこまでお金を出すことに疑問を持っていたのですが、ずっと利用していたキャリア会社を変えるのがとても面倒臭く感じて、なんとなく惰性で利用し続けていました。
キャリアスマホではなく格安スマホを試してみました【40代男性】
格安SIMを試してみました。個人で事業をしているので、試験的な導入ということで日本通信社のSIMを買ってみました。結果から言うと、問題はないと思います。僕の住んでいる町は北国の田舎町。青森ですが、通話、通信には問題はありませんでした。